高島平から着物と町のNEWSを早出し◆きもの新聞◆

アクセスカウンタ

zoom RSS ホントに世論調査が来た!

<<   作成日時 : 2017/10/16 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

◆10月10日公示された第48回衆議院議員総選挙は22日が投開票日です、9月28日、安倍晋三総理による臨時国会冒頭解散で超短期決戦の選挙となりました。小池百合子を代表とする希望の党の誕生と、民進党の分裂と消滅があれよあれよという間に進んで与野党の勢力図は激変しています。

◆自民党に挑戦状をたたきつけたはずの希望の党ですが、民進党合流を巡る小池党首の「民進党全員を迎えることは、さらさら考えてない」と高飛車な排除の姿勢を打ち出したことで、完全に潮目が変わってしましました。

◆前原誠司代表グループは希望に合流したものの、排除されたリベラル派の枝野幸男氏らは一念発起して「立憲民主党」を急きょ結成して反転攻勢にでました。当初、躍進が期待された希望は以降急速に勢いを落として、もはやブームが訪れることなく沈没の憂き目です。

◆公示序盤の各メディアの世論調査は、「自公与党で300議席うかがう」という驚愕の数字です。これは大手全国紙もテレビもほぼ同じ流れを見せています。つまり、反与党の受け皿が割れてしまい、しかも有権者を発奮させる主役が見当たらなくなってしまった状況と言えます。

◆ところで、投票日を一週間後に控えた15日についに世論調査の電話がかかってきました。大手通信社から女性の声で「RDD方式でコンピューターがそちらの電話番号を出したので回答いただきたい」と述べ、18歳から59歳までの男性が調査対象とのことで応じました。

◆住所を聞かれた後、設問は5項目でした。@投票に行くか A小選挙区での投票先 B比例区での投票先 C支持政党はどこか D安倍内閣を支持するか。改めて聞かれると、意外とすらすら応えられないものです。それでも、真面目に伝えて調査に参加しました。よく「○○候補は××党支持者の大半をまとめた」という結果は、A÷Cで求めた数字になるのでしょうか。

◆調査の数字はどう出るのでしょうか。公示中盤の情勢とでもなるのでしょうか。調査の電話は本当にかかってきました。どこかの新聞社は対象人数が1万人となっていました。有権者数は大体1億640万人なので10,640人に一人の確率で調査を受けるわけです。

◆世論調査に沿った選挙結果のなるのか異なった結果になるのか。本当に与党で300議席となると定数465議席の3分の2に迫ることになり、何でもかんでも可決です。有権者の判断はどう出るのか。1票の重みをいま一度認識しなければ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホントに世論調査が来た! 高島平から着物と町のNEWSを早出し◆きもの新聞◆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる