高島平から着物と町のNEWSを早出し◆きもの新聞◆

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017ボジョレーヌーボー解禁 10年連続日本一のコンビニ

<<   作成日時 : 2017/11/16 23:02   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

◆2017年のボジョレーヌーボー解禁日は11月16日午前零時でした。全国1万店以上あるのローソンコンビニの中でボジョレー売り上げbPに輝く高島平八丁目店の解禁セレモニーにお邪魔しました。真夜中だというのに零時を迎えるころには店内は熱気に包まれていました。

◆何が凄いのかというと、bPを連続10年獲得していて今年は販売本数をついに大台に乗せたのです。大台とは0が3個付く1千本です。しかも8本オーバーの1008本です。スッ、スッ、スンゴ〜〜い、快挙です!

◆まずは現場の写真の公開です。どうぞ!!

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


◆11月16日、時計の針が真上を指すと解禁コールの発声。フランスから空輸された出来立てワインが注がれたグラスを30人近くが高々と掲げ、フルーティーな味わいを満喫。さすが「今世紀最高と称される2015年を彷彿とさせる」仕上がりです!

◆店内は、原産地フランス・ボジョレ地方の収穫を祝うディスプレイ一色。天井は仏国旗の3色がなびき、小旗が連なります。陳列棚は商品でびっしり。特に今年は売り上げ連続bPを10年間獲得する快挙を達成、そのうえ販売本数を大台に乗せる金字塔を確立。ローソン高島平八丁目店にとって記念すべき2017年になったのです。昨年の852本から大幅に伸ばして念願の大台乗せ1008本を叩きだしました。

◆さて、八丁目店では恒例のお買上げパフォーマンスが続きます。予約客は名前がコールされるとレジ前に“登壇”して喜びの心境を披露する決まりに。今年は箱買い客が次々と登壇。大台乗せに大いに貢献した模様です。池袋に近い板橋区内、横浜方面から駆け付けた客もいて午前2時近くまで解禁パーティーは盛り上がりました。ポンタくんも深夜勤務で頑張っていました。

◆高島平の晩秋深夜にフランスの香りを届け始めたのは15年前のこと。ボジョレーヌーボーは商材として「いける!」と判断したのが現在ローソン3店舗を経営する株式会社アンビシャス代表取締役社長の中島篤夫さん。上品で文化的な要素を持つワインと、その物語性に可能性と魅力を発見。以来、奥様の純子さんともども知識を深めるためワイナリーを訪ねたり、好評判の店舗を視察。魅力を伝えるDMやフライヤー、店内装飾を磨き上げファンをつくり上げてきました。「年々応援して下さるお客様が増え、前回を上回る購入本数を予約いただいています」と純子さん。大仕事を貫徹させた篤夫社長は「来年のことは白紙です」と笑いますが、トップランナーは16年目の戦略を練り始めているはず。

◆ボジョレーヌーボー販売は客とのつながりと深化を育みながら、同社の繁栄をけん引してきたと言えます。わが町に日本一のコンビニがある! 普段着のまち高島平の知る人ぞ知る、いちおしショップです。

画像

画像

画像

画像










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017ボジョレーヌーボー解禁 10年連続日本一のコンビニ 高島平から着物と町のNEWSを早出し◆きもの新聞◆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる