元祖いちご大福は一不二!

画像

◆人気の和菓子としてすっかり定着したいちご大福。元祖は板橋区蓮根(高島平の隣)にある一不二です。店主の三谷さんが洋菓子で多用されるいちごに着目、和菓子でもいける!と確信。いちごを使った和菓子の開発に着手しました。20年前のことです。

◆日に50個以上の試作を繰り返し、試行錯誤の末ようやく完成。1987年1月ついに日本初の「羽二重 いちご大福」が発売されたのです。つぶ餡に生のいちごを丸ごと入れ、羽二重餅で包み数粒のウグイス豆を添え彩りにもこだわりを貫いています。「いちご大福」は発売されるや大ブレーク。三谷さんは実用新案登録164058号を取得して元祖の意地を見せました。コロンブスの卵的発想の勝利といえます。

◆当初は冷ややかにながめていた同業者もその売れ行きに乗り遅れまいと次々に参入してきました。全国にその名はひろまり、いちご大福を手がける和菓子屋、メーカーが続出。今では山崎パンまで製造しています。ただし、味と値段で一不二の右に出るものはないのでは。産地を吟味した新鮮ないちごを調達して通年1個158円で店頭に並べていますが、はたして儲けはあるのかと余計な心配をしてしまいます。「区民が選んだ板橋のいっぴん」にも選ばれ名実ともに板橋を代表する銘菓です。

◆一不二はダイエー西台店南側角高島通り沿い。水曜定休.。http://www.itabashi-life.com/ippin/index.html
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

板橋区民
2005年12月13日 15:27
蓮根には良く行くのですが、まさか私の大好物である「いちご大福」発祥の地であったとは…まさに驚きです!!
一不二さんの「いちご大福」は元祖って事もあり相当美味しそう~♪
今度味見して見まーす☆
2005年12月14日 18:02
板橋区民さん、コメントありがとうございます。そうなんです、いちご大福の発祥の地は蓮根なんです。職人肌のご主人が精魂込めて一つずつ作っています。姉妹品に「梅大福」があり、こちらも隠れた名品です。甘露煮の青梅が丸々入っていて餡子との相性も良いのです。過日、梅の特産地・水戸の知り合いにお土産で持っていったら「旨い!」と喜ばれました。いちご大福と合わせてご賞味ください。

この記事へのトラックバック