1999年 新河岸殺人事件容疑者逮捕

画像

                       荒川堤防より新河岸1丁目を臨む

◆忘却の引き出しに放り込んだものの、記憶のどこかに残留していた「あの事件」が12年の歳月を隔てた容疑者逮捕により、全容解明に動き始めました。あの事件とは…

◆2000年を迎えるミレニアムフィーバーが最高潮に達していた1999年末、高島平と河川ひとつ隔てた新河岸で白昼、殺人事件が起こりました。12月28日午後、何者かが元会社員女性(当時28歳)宅に侵入、2階6畳間にいた被害者の首を絞め殺害、現金を奪って逃走。同日夕、両親が倒れている女性を発見、警察に通報。犯人は歳末の喧騒にまぎれるかのように逃亡、足取りがつかめぬまま捜査は長期戦にもつれ込んだのでした。

◆新河岸は荒川の土手に連なる平坦な土地に、町工場、倉庫、運送デポ、下水処理場、ガスタンクが集積する工業地帯の顔と、都営団地やアパート、一戸建てが立ち並ぶ住宅地の顔があり、それらが混在。近年は都営三田線高島平駅から徒歩圏内という立地を生かした分譲マンションも建っています。テニス場、ゴルフ練習場、霊園などあり、高島平のバックヤード的な役割も担っています。

◆ところで、なぜ12年目の殺人事件が脳裏から消えなかったのか。犯行時間帯に私は現場近くにいたのです。年末の仕事納めの日でもあり、新河岸の顧客に年内最後のあいさつ回りを急いでいました。特に、事件が起こった新河岸1丁目は生活道路が縦横に張られ、区域分けが機械的になされています。数軒を訪ねたので、同1丁目内には午後2時ころから3時近くまで滞留していました。

◆この日はどんよりとした曇り空でした。空気は重く寒く、追い立てられるような年末の慌しさから隔離されたかのような〝無音〟の町並みだったことが忘れられません。「どこかで犯人とすれ違わなかったか」と、いくら記憶の糸を手繰ってみたところで人影というものが一切なかったことだけは、確かです。血相を変えて逃げるような人物はいなかったか。辺りをうかがいながら、不審な挙動の男と行き違わなかったか。直線道路が碁盤の眼のようになっていて見通しがきくので、300mくらい先なら見通せます。当時、ニュースをみて自らの行動をビデオ再生のように、いくら振り返っても「誰にも会わなかった」ことしか浮かんできません。灰色の午後は、時間が止まっているかのようでした。

◆犯人は人目を逃れて、どうやって犯行現場を後にしたのか不気味です。新河岸へのアクセスは鉄道なら都営三田線が最寄りですが、多くの人はバスを利用しています。団地前のバス停はちょっとしたバスターミナルくらい次々と発着します。池袋、浮間舟渡(JR)、高島平(三田線)、東武練馬(東武東上線)につながり、当時は赤羽までの路線もありました。しかも犯行現場から至近にもバス亭があり、タイミングよくバスに乗り込み足早に姿をくらましたことも考えられます。

◆犯人は窃盗事件で受刑中の刑務所を事件の約2週間前に仮出所して、荒川区の更正保護施設に暮らしていたといいます。生活圏のまったく異なる板橋区の、さらに北端の町を犯行に選んだのか。通りすがりの上、衝動的に犯行に及んだとは考えにくいものがあります。そもそも新河岸という地域そのものが、知る人ぞ知るところです。いや、だからこそエアポケットのような、人気の少ない場所をあえて選んだのかもしれません。世紀のイベントに浮かれる世間を横目で睨みながら、年越しを控え困窮する犯罪者の嗅覚が鋭く反応し犯行に及んだとしたら、被害者はあまりにも悲運というしかありません。

◆12年前の殺人事件が、なぜ急展開したのか。容疑者の男(38)は今年2月、札幌市の民家に侵入し女性を殴って現金を奪ったとして強盗傷害の罪などで札幌地検が4月に起訴、北海道警に拘留中、新河岸事件現場の遺留品とDNA型、指紋が一致。身柄は警視庁高島平署に移送され強盗殺人罪の容疑で再逮捕。立役者は09年11月、警視庁捜査1課が「コールドケース」と呼ばれる長期未解決事件再捜査を目的に発足させた特命捜査対策室。飛躍的に向上したDNA型鑑定精度が奏功して、今回の逮捕劇をもたらしました。

◆新河岸を含む高島平地域は約6万人が暮らす、独立した自治体として機能できるほどの巨大なまちです。そのエネルギーは、ときとして社会を揺るがす出来事をも生み出します。1999年12月28日。犯人とニアミスしていたかもしれない私。事件解明の緒はついたというものの、残された親族の無念さは計り知れないものがあることは、いうまでもありません。東京のお盆は7月。合掌。


画像

                    新河岸1丁目のバス亭 JR埼京線につながる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック