三越の新ショッピング手さげ

画像


◆三越のショッピングバッグの図柄が57年ぶりに刷新。「実り」と題された幾何学文様はたわわに実ったりんごをデザイン。人間国宝の京友禅作家・森口邦彦氏による作品。古典文様を踏襲している印象ですが、これまでにない大胆な文様は独自性にあふれ、三角図柄の頂点群が躍動感につながります。

◆4月1日のお披露目式典で日本橋本店長は「世界一のショッピングバックであり、このようなアート作品を用いている店は他にない」旨の挨拶をしました。従来からの流線型が基調のおなじみの包装紙「華ひらく」は、継続して用いられます。

◆3百年以上前に開業した「越後屋」呉服店から続く三越。当時「店前現銀売り」「現銀掛値無し」など画期的な商法で名をはせ、明治時代に英国のハロッズ百貨店を目標に「デパートメントストア宣言」。「今日は三越、明日は帝劇」の広告コピーは一世を風靡。つねに時代の先駆けを行く老舗が、次の百年にむけた象徴とする「伝統と革新の先で実る自由を具現化」したバッグは、客の心をつかむか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック